地元葛飾のいい所
 柴又のお団子屋さん!!

 ・場  所:葛飾区柴又 帝釈天の参道内

 ・アクセス:京成柴又駅を降り、帝釈天の手前約50M左側

 葛飾といえば『柴又』、柴又と言えば『寅さん』、寅さんと言えば『草団子』。

という訳で、今回ご紹介するのは

『 柴又のお団子屋さん 』です。

 

まずは柴又駅から・・・

 

又駅

(京成高砂駅、もしくは京成金町駅で乗り換え、1つ目です。)

 

 

前には、寅さんの銅像が。

この銅像、寅さんが旅に出る設定で、

足は駅に、

顔は帝釈天に向いています。

道を帝釈天に向かい歩く。

信号の前に大きな看板があります。

 

 

板をくぐると、テレビでも有名な

『高木屋』さんがあります。

 

子屋さんが何軒も並ぶ中、

一見お団子屋さんとは分からない店構え。

 

づいて見ても団子屋さんとは・・・見えません。

看板も・・・見えません。

あ、ありました

きな庇の下に看板が。

今回紹介したいのは、この『吉野家』さんです。

ちなみにこの看板、

店が休みの時のほうが見つけやすいです。

 

の内部。家族で作っているらしく、

みんな忙しそう。

 

それでも盛り。

値段は、他の店と同じくらいです。

でも何かが違います。

 

 

 

ラスの向こうにあるのが、お団子です。

この写真から分るでしょうか。団子の色が。

それも濃い緑。

それもそのはず、

もぎ(餅草)が、他の店より多い多い・・・。

店の前に置かれた『非売品』の文字が物語ってます。店の方の気持ちが通じますか。

ここのお団子は、一度食べたら、癖になります。

もう他のは、食べれません。

 800円のお団子

 

、しかし、この店は家族で団子作りをしているので、

毎日店を開けることができないのです。

お店の方の話では

『庚申の日、もしくは夏を除く、日曜日』だけだそうです。

柴又に行く機会がありましたら、ぜひのぞいて見てください。

 

◆ 庚申の日 ◆

 柴又帝釈天公式ホームページにて確認を。
http://www.taishakuten.or.jp/index2.html

Home